任意売却とは? / 多重債務問題・任意売却(不動産)の問題でお困りの方へ / グリーンネットワーク

グリーンネットワークTOP > 株式会社新日本ハウス > 任意売却とは?

任意売却とは?

競売にかけられる前に任意で売却する事

  • 売却価格によりローン残の方が多いため不動産が売却できない
  • 住宅ローンが払えず延滞している
  • 期限の利益を喪失し、一括弁済をせまられている
  • 不動産が差押、もしくは競売となってしまった

このような状況になると、通常は担保となっている不動産を売却しても住宅ローンを完済することはできないため、債権者の合意が得られなければ不動産を売却することができません。
しかし完済する見込みが無いわけですから、債権者から売却が許可されることは通常ありません。

そこで債権者と協議して、売却許可をもらい不動産を売却することを任意売却と言います。
差押、競売になっているような場合でも、取下げてもらい競売で売却されるよりも有利な条件で不動産を売却し債務整理をすることが可能です。

任意売却の優位性と売却後の返済計画があれば、売却できます。

ただし債務超過状態の物件を売却するわけですから、実際に任意売却を行なうには、複数の債権者に対して売却後の住宅ローン返済方法等について同時に話し合いして納得してもらわなければ、担保不動産の売却を認めてもらうことは出来ません。
差押・競売申立がされているような状況であれば、その話し合いはさらに難航する可能性があります。
その為に任意売却をする為には不動産の知識はもちろん、金融や法律などに関する知識など多方面にわたって精通している必要があります。

こういった処理をお客様自身が行うには無理があるため、当社のような不動産業に従事する任意売却をお客様に変わって行う会社が存在します。
任意売却の取引をスムーズに成立させるには、任意売却に関して信頼と実績のある不動産会社を選ぶ事が大切です。

ご相談は… 全国対応実績30年 (株)新日本ハウス フリーダイヤル 0120-006-794 受付時間 9:00〜24:00 お問い合わせフォーム